娘が細すぎるので惜しくも太って欲しくて頑張っているイベント

拒食症とか虚弱マンネリとかではないのですが、小学生高学年のおんなじジェネレーションの乳幼児と比べても体調がか細い結果心配していました。ちょい食が細長いかなとは思うのですが成否はあまりありません。

主食もですが少し間食も増やそうって勉学から帰ってきてからのおやつや夜更け、小腹が空いた折などに容易い代物を食べさせたりするようにしました。ただ、そこで困ったことにおやつを繰り返すといった夕食が食べられなかったり行なう。

なので、朝夕、一緒に料理をするようにしたんです。早朝は大変ですからソーセージや目玉焼きなど簡単な物。夜更けは惣菜のグッズを一緒に作り上げるようにする。これが本当に反響があったようで少しずつですが体重が増えるようになりました。味見をするのが好きなのと、自分で作ったディナーを採り入れる&食べて貰うのが相応しいようで食が進んでいるのがとことんわかります。

ディナーと共に始めたのが犬のウォーキングだ。活動も責務かと見なし、毎度ではないですがゆっくりと一時間くらいのウォーキングをするようにしました。通学での歩きはありますし、体育やブレイクタイムなどでも体を動かしているのは知っていたのですが、活動を足したら効果があるのかなと考えたからです。これも反響があったようで、夕刻のウォーキングから帰るといった「腹空いたから、なぞ作らなきゃ。」というようになり、つい全く嬉しいです。

最初はエネルギーですとか労力ですなとは思ったけれど一緒に何かをしながら頑張ることでプラスになった地点。そうして自分のウエイトもプラスになってしまったことは非公開だ。http://www.ing-bn.com/